日本人の風俗とは

日本人の性への考え方

日本は世界各国とくらべて、性に対する事を公言しない人種だと言われています。例えば自分の奥さんや彼女といつ性行為をしたとか、どれぐらいの頻度でしているとか、あるいは独身男性がどれぐらいの頻度で風俗店に行っているとか、デリバリーヘルスを呼んでいるとか、自慰行為をしているとか、そんな事を公言する人は少ないでしょう。

昔と比べれば、日本人もオープンになっているとは思いますが、そういった事を公言する人はある意味で非常識だと思われてしまいます。そういうことは誰にも明かさないというのが日本の文化になっている面もあります。

日本の風俗需要

そもそも人には、男性にも女性にも欲求というものが存在します。男性の場合でも女性の場合でも、適度に欲求を満たす事は生活する上で大切だという意見もあります。最近の男性は草食系とも言われ、性に対して消極的になったというデータがありますが多くの男性は日常的に性欲の発散を望み、恋人や奥さんのいない男性はデリヘルなどの風俗に通うケースも珍しくありません。

あるいは風俗などでお金を払うのはもったいないと考え、自慰行為だけで発散している男性もいるでしょう。しかし、そうした欲求が存在する限り、風俗業界は安泰と言っても過言ではありません。法改正などにより風俗店はその形態を変えてきてはいるものの、日本には今でもたくさんの風俗が営業しており、新規出店するお店がとても増えています。